【トラックと環境問題】環境に優しい新型EVトラックとは?

【トラックと環境問題】環境に優しい新型EVトラックとは?

【トラックと環境問題】環境に優しい新型EVトラックとは?

皆さん、こんにちは。ノミです。

今月のグローバルマネジメントのテーマはトラックメーカーと環境問題です。
今回はいすゞの新型EVトラックについてご紹介していきます。

 

早速ですが皆さん、2024年問題についてご存知でしょうか?

 

日本がカーボンニュートラル社会の実現を目指す中、ドライバー不足と2024年問題が深刻化しています。最近のニュースや動画でよく耳にする問題ですが、これに対処するため、大手自動車メーカーのいすゞは初めての量産BEV[1]「エルフEV」を投入し、さらに普通自動車免許でも運転可能な車両総重量3.5t未満の「エルフミオEV」を開発しました。

 

この車両は、いすゞの高度純正整備である「PREISM」を備えています。「PREISM」は遠隔地でも車両の状態をモニタリングし、故障時には迅速な修理対応が可能なシステムで “未然に防ぐ・すぐ直す”をコンセプトにしているサービスです。

 

それでは話題の「エルフミオEV」について詳しくみていきましょう。

 

  1. 2024年発売「エルフミオEV」とは 

いすゞ自動車が2024年の1月に販売した「エルフミオEV」は、電動車両ラインナップの最新モデルで、持続可能なモビリティの実現に向けた一歩として、革新的な技術と設計を組み合わせて開発されました。発売したのは小型トラック「エルフ」のEV車で17年ぶりのフルモデルチェンジとなりました。

  1. エルフミオEVの特徴

「エルフミオEV」は、持続可能性と効率性を重視した設計が特徴です。配送車やゴミ収集車など用途に応じて使用を変更できます。いすゞ自動車の南真介社長によると、走行距離が違うお客様に合わせてバッテリーの積む数を変えることが重要と主張しています。

いすゞは、「I-MACS[2]」を活用してリアボディの架装性を向上させ、車両の操作系や車内構造をディーゼル車と共通化しています。これにより、これまでのさまざまな架装にも対応でき利便性を損なうことなくBEVを導入することができます。

  1. 環境への配慮

「エルフミオEV」は、ゼロエミッションの駆動システムを採用しており、大気汚染や騒音の削減に貢献します。さらに、再生可能エネルギーの活用やリサイクル可能な素材の使用など、環境への配慮が製品全体に渡って行われています。

  1. まとめ

いすゞ自動車の新型EVトラックであるエルフミオEVは、持続可能性、効率性、そして環境への配慮を重視した革新的なモデルです。2024年の発売を待ち望む声も高まっており、今後のグリーンテクノロジーの進化に注目が集まっています。

以上、いすゞ新型トラックについてでした。

次回のグローバルマネジメントをお楽しみに!

 

[1] 「Battery Electric Vehicle」- 電動自転車 (バッテリー式)

[2]  Isuzu Modular Architecture and Component Standardの略称。技術の進化で多様なニーズに合わせ、さまざまな部品やデバイスなどの組み合わせを可能とする開発手法。

recruit

比類なきチャレンジャーとして共に
成長する仲間を探しています

ZEAL軟式野球部

仕事も野球も、より高みを目指して。
スポーツ活動にも力を入れています。

CSR活動

一人ひとりが「幸せ」になれる社会を目指すために
私たちZEAL TEAMができること