【対談インタビュー】先輩社員から教わるキャリアの歩み方

【対談インタビュー】先輩社員から教わるキャリアの歩み方

【対談インタビュー】先輩社員から教わるキャリアの歩み方

循環型社会への実現に向けて世界を視野にリユースビジネスを展開しているZEAL.TEAMでは、ダイバーシティ推進のもと、外国籍スタッフの採用に力を入れています。

日本と異なる文化で生まれ育っている外国籍の方は、意欲的で向上心の高い方が少なくありません。

働くことへの熱意があり、新しい環境に慣れるための努力を惜しまない外国籍スタッフは、日本とは異なる海外における商慣習も持ち備えています。

今月は5月に引き続き、外国籍新卒社員にスポットを当て、パキスタン人のハマド氏と新卒社員でウズベキスタン人のアクラムジョン氏に「キャリアの歩み方・楽しみ方」について対談インタビューを行いましたのでご紹介いたします。

 

 

-INTERVIEW-

 

 

-まずはお二人の自己紹介をお願いいたします!-

 

ハマド氏:デジタルコミュニケーション部のハマド・アリと申します。パキスタン出身でIT職のソフトウェアデベロッパーを8年間、プロジェクトマネージャーを4年間勤めた経験があります。趣味は、レストラン巡りと料理です。

 

アクラムジョン氏:今年の春に新卒社員として入社いたしましたマーケティングコミュニケーション部のアンバロブ・アクラムジョンと申します。ウズベキスタン出身で、趣味はジム通いとサッカーやレスリングなどのスポーツをすることです。

 

―ハマド氏に質問ですがこれまでのキャリアを通して、仕事を楽しむにはどんなことが大切かを教えてください。―

 

ハマド氏:自分が興味ある分野の仕事をすることが大切だと思います。私はプログラミングにもとより大変関心がありました。大学時代はコンピューター工学を専攻しプログラミングの勉強に熱中しておりました。自分の興味・関心と関連があるフィールドにいることで自然と働き甲斐のあるキャリアを築けると思います。

 

アクラムジョン氏:そうですよね。私も自分の興味・関心と合致していたことがきっかけでZEAL. TEAMへの入社に至りました!

 

―アクラムジョン氏に質問です。入社して2ヶ月が経過しましたが、働いてみて実際いかがですか?―

 

アクラムジョン氏:初めの頃に比べてだいぶ慣れてきました。最初は初めての仕事でプレッシャーを感じていましたが、今は仕事に慣れてきたためより楽しさを感じております。社内の方々がとても親切なので安心して日々業務を行えています。

また、4月に会社で企画していただいた新入社員の歓迎会では、わざわざハラールレストランを選んでいただきました。社内にイスラム教徒は3人しかおりませんが、マイノリティの私たちにも心地よい場を提供してくださる会社にとても感謝しております。

 

ハマド氏:私もイスラム教徒として大変ありがたいことだと感じております。他にも、1日5回の祈り、金曜日のモスク礼拝の時間をとることを許可してくれています。一概には言えませんが他の日系企業はこのような福利厚生が整っていないとお伺いすることが少なくないので、大変助かります。

 

―ハマド氏に質問ですがZEAL. TEAMで働いていて楽しいと感じることを教えてください。―

 

ハマド氏:入社してから早10か月が経とうとしていますが、日々楽しく業務を行わせていただいています。特にZEAL. TEAMでは歓迎会などの社内イベントをよく企画してくださることがとても嬉しいです。特に今は新卒とコミュニケーションをとることが楽しいです。

私はパキスタンでプロジェクトマネージャーを行ってきたこともあり、教えることが好きなので、新入社員に自分がこれまで培ってきた知識を伝えることはやりがいでもあります。

 

―お二人に質問ですが休日はどのように過ごされていますか―

 

アクラムジョン氏:私はジムに通うほか、新しいビジネススキルをYouTubeで学んでいます!

 

ハマド氏:それは素晴らしいですね。私もビジネスについて学ぶことはとても好きです。

私の場合、休日は家族とお出かけすることが多いですね。都内を旅することが好きです。

昨年の7月に来日し、東京タワーやスカイツリー、上野動物園など色々なところを訪れました。先日はZEAL. TEAMの坂東工場に週末家族と訪れました。

 

―アクラムジョン氏に質問です。これからどのようなキャリアを歩んでいきたいですか―

 

アクラムジョン氏:まずは上期目標を達成し、マーケティングコミュニケーション部に貢献したいです。そして家族が自営業をしているので、将来的には営業もやってみたいです。

 

ハマド氏:興味のある分野で仕事をすることは大変良いと思います。会社も従業員もwin-winな関係を築くことが大切です。

 

―最後に、アクラムジョン氏からハマド氏にこの場で何かお伺いしたいことなどがありましたら是非お願いします!―

 

アクラムジョン氏:ZEAL. TEAMで学んだことの中で一番大きかったことを是非お伺いしてみたいです。

 

ハマド氏:一番大きかったことはやはり日本の働く文化・環境です。今までパキスタンの外で働く機会はありませんでした。異なる商慣習での仕事は大変な時もありますが、非常に勉強になります。もう一つ大きかったことは、外国籍職員の様々な文化や働き方について知り得たことです。パキスタンで働いていた時は周りにパキスタン人社員しかおりませんでした。いろいろ知ることができる環境は刺激を受けるのでビジネスマンとして成長する大変良い機会だと思います。

 

今回はパキスタン人のハマド氏と新卒社員でウズベキスタン人のアクラムジョン氏にキャリアの歩み方・楽しみ方をテーマにインタビューを行いました。ZEAL.TEAMでは、ダイバーシティ推進のもと、従業員がお互いの価値観を尊重し合える環境づくりに力を入れています。今後も日本を代表するリユースビジネスのグローバル企業を目指してまいります。

recruit

比類なきチャレンジャーとして共に
成長する仲間を探しています

ZEAL軟式野球部

仕事も野球も、より高みを目指して。
スポーツ活動にも力を入れています。

CSR活動

一人ひとりが「幸せ」になれる社会を目指すために
私たちZEAL TEAMができること