物流業界の未来を拓く企業の取り組み

物流業界の未来を拓く企業の取り組み

物流業界の未来を拓く企業の取り組み

 

近年、物流業界の人材不足解決のため女性の活躍が期待されています。

 

物流業界=男性社会というイメージがまだまだ強いなかで、女性活躍推進や労働環境改善へ向けて取り組んでいる企業も増えてきています。

 

今回は、物流に携わる企業で行われている取り組みの実例をご紹介いたします。

 

【採用基準の見直し】

これまでは早朝・夕方以降の勤務が難しいドライバーは不採用とする企業や、物流業界は男性中心の職場というイメージから女性ではこの仕事は難しいのではないかという固定観念がありました。

 

物流業界に限らず、これまで日本の企業において、仕事に合わせた時間勤務ができる人でなければ戦力として難しい、長時間勤務できる人のほうが採用されやすいという風潮が見受けられました。

また、職種によって男性・女性中心の仕事というイメージで採用の範囲を狭めてしまっていた企業も少なくありません。

 

現在では、時短勤務などの柔軟な働き方を受け入れる企業が増えてきており、物流業界においても、実際に女性ドライバーを採用して、女性ならではの細やかな気配りや対応がお客様に喜ばれ、成果に繋がったという企業もあります。

 

固定観念にとらわれることなく、その人自身のやる気や能力を見て、積極的に女性ドライバーを採用しようという企業も増えてきています。

 

【女性活躍推進プロジェクトチームの立上げ】

 

女性の採用拡大と入社後の定着を目指し、女性活躍推進プロジェクトのチームを立ち上げている企業もあります。

これにより、女性専用トイレや女性専用休憩室の設置など、女性ドライバーが働きやすい職場環境へ変えていく取り組みが積極的に行われています。

実際に女性が働きやすい職場へ環境改善に取り組んでいる企業で、女性だけでなく男性も働きやすい職場へと改善することができたという声もあります。

 

また、業務を平準化し、産休・育休中の社員業務を適切に割り振ることで、産休・育休後の復帰率の向上を図り、復帰した女性従業員のキャリアを現状維持できるようにすることで、女性の職域拡大・管理職比率の増加に成功した企業もあるそうです。

 

今回は女性活躍推進へ向けて物流に携わる企業が実際に行っている取り組みをご紹介いたしました。

 

弊社ZEAL TEAMでも女性活躍推進プロジェクトを進めており、女性がもっと活躍できる職場や誰もが働きやすいと思える労働環境を目指して活動しています。

 

女性活躍推進のための取り組みは女性が働きやすい環境を作るだけでなく、今までの労働環境を見直し、仕事の効率性と生産性を上げると共に、企業の更なる成長が期待されます。

recruit

比類なきチャレンジャーとして共に
成長する仲間を探しています

ZEAL軟式野球部

仕事も野球も、より高みを目指して。
スポーツ活動にも力を入れています。

CSR活動

一人ひとりが「幸せ」になれる社会を目指すために
私たちZEAL TEAMができること