ニュースNEWS

CATEGORY

CATEGORY

Youの得意技は何ですか!?-in フランス-

2021.04.20.

ZEALは「ダイバーシティ」を推進しており、さまざまな国籍のスタッフが活躍しています。

各スタッフは、ZEALの事業を成功させるために、

それぞれの分野で、日本人と同様、あるいはそれ以上のスキルを発揮しています。

そこで、ZEALで働く外国籍スタッフに、自分の「得意なスキル」について聞いてみました!♫

 

Youの得意技は何ですか!?-in フランス

 

現在、ZEALでの自分の仕事内容は2つ別れています。

一つ目はグラフィックデザイナーで、二つ目はソーシャルメディア運営者です。

 

グラフィックデザイナーとして、ZEALに必要な様々な印刷用とweb用のデザインをしています

(名刺、チラシ、ポスター、バナー広告、ロゴのコンセプト、写真編集、etc.)。

他にも、ウェブ制作チームと連携しながら、会社の色々なwebサイトのデザインも作成します。

また、ソーシャルメディア運営者として、会社の公式SNSアカウント(Facebook・Instagram ・Twitterなど)を運営して、

情報発信をしたり、顧客やファンとコミュニケーションをとって、関係性を築いたりしています。

ブランドごとに一貫したSNSのデザインも作成しています。Truck Lady5というCSRプロジェクトコミュニティも運営しています。

 

グラフィックデザイナーとして大事なのは、デザインや写真編集のソフトウェアを扱うITスキルはもちろん、

創造性を発揮して、常に新しいソフトウェアやアプリなどを勉強しつづけること、

そして世界規模のトレンドに合わせて更新したりすることも重要です。

私のデザインは主に日本人を対象としていますが、外国人向けのデザインも制作することもあります。

日本人と外国人は同じ文化や好みを持っていないので、効果的なブランド戦略を立てるためには、

各国の文化の違いや傾向を知ることも重要です。

また、期限やコストに対して意識することも大切ですし、仕事の正確さと細部への注意力も備えるべきだと考えています!

デザインをしたり、様々なSNSアカウントの運営もしたり、コミュニティマネジメントもしたりしますので、

同時に多くのプロジェクトを動かすための多くのタスクがあり、私の仕事は効率のよい時間管理と組織力も大事です!

たまに、海外に向けた資料やwebサイト用の英語・日本語翻訳作業もありますが、

仕事の内容についての同僚やコミュニティのメンバーとのやりとりは、ほとんど日本語で行います。

私の日本語レベルは完璧ではありませんが、できるだけプロフェッショナルの対応をするように日々一所懸命頑張っています!

 

日本人と同じ仕事をすることが期待されていますので、

難しいこともありますが(例えば、言語の壁がまだあるため、会議中に話すのが難しいし、日本語を読むのが日本人より遅いし…)、

でも、日本でそのような仕事をすることはチャンスであり、素晴らしい経験だと思います!